近鉄の新型特急「ひのとり」運行開始 難波-名古屋、最短2時間5分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪と名古屋を結ぶ近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」(6両編成)が14日、運行を開始した。近鉄の特急としては2013年3月の「しまかぜ」以来となる新型のデビューで、初便の239席は2月14日の発売時に16分間で売り切れた。

 大阪難波駅(大阪市中央区)の1番線ホームで開かれた出発式では、初便に乗務す…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

注目の特集