特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

海外遠征長期化のサンウルブズ「日本に勇気を」 14日にNZ強豪と対戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
テレビ電話で取材に応じるサンウルブズのSH斎藤直人=東京都港区で2020年3月13日午後1時38分、谷口拓未撮影
テレビ電話で取材に応じるサンウルブズのSH斎藤直人=東京都港区で2020年3月13日午後1時38分、谷口拓未撮影

 南半球最高峰リーグのスーパーラグビーに日本から参戦しているサンウルブズは14日、3連覇中のクルセーダーズ(ニュージーランド)とオーストラリアで対戦する。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に予定していた国内ホーム2試合がオーストラリアでの開催に変更され、遠征の長期化に直面しているが、選手たちは感染拡大で閉塞(へいそく)感が漂う日本に「勇気を与えるプレーを」と決意を示している。

 サンウルブズは当初、8日に東大阪市花園ラグビー場でブランビーズ(オーストラリア)、14日に東京・秩父宮ラグビー場でクルセーダーズと対戦予定だった。海外遠征はこの2試合に先だって約2週間の予定だったが、会場変更により帰国を取りやめたため約1カ月と長期化している。4月5日に秩父宮ラグビー場での試合が控えるが、実施の可否は見通せず、更なる長期化の可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文631文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集