メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米が非常事態宣言 ドライブスルー型検査を想定 トランプ氏「今後8週間重要」 新型コロナ対策5兆円

 トランプ米大統領は13日午後(日本時間14日早朝)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国家非常事態を宣言した。災害救助・緊急支援法に基づく宣言で、最大500億ドル(約5兆3500億円)の連邦予算を新型コロナ対策に活用できるほか、連邦緊急事態管理局(FEMA)に州政府など地方機関との調整権限を与える。米国社会や経済に新型コロナ流行の影響が広がるなか、連邦政府として対策強化が必要と判断した。

 ホワイトハウスで記者会見したトランプ氏は「連邦政府の力を完全に引き出し、新型コロナに打ち勝つ措置を講じる」として非常事態を宣言した。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです