メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「ガイアの夜明け」 新型コロナ禍と闘う人から刺激=田中里沙

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。生活、学校、仕事、イベントなどの自粛延期が続く中、対策を頭に入れて過ごすのが精いっぱいで、静かになる。街から人が減り、経済も先行き不透明で、特段の行動が起こせないのはもどかしいが、現実だ。こんな時こそ、立ち上がろう、行動しよう、空気を変えようという有志の登場は希望の光になる。テレビ東京系「ガイアの夜明け」(火曜午後10時)はこのタイミングの10日夜、「見えない敵と闘う~“新型コロナ”に立ち向かう企業~」をテーマに、格闘する人たちに密着した。

 時間との勝負の中で簡易検査キットを作る人。感染防止のマスクの開発に挑む人。その原動力は、気付かないうちに感染する人を守りたい、安定供給で安心を得てほしいという他者を思う気持ちだ。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです