台風浸水被害 逆流時、排水ゲート閉鎖 川崎市、方針変更へ /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2019年の台風19号で増水した多摩川の水が排水管を逆流し、川崎市内に大規模な浸水被害が発生した問題で、市は13日、逆流が発生した場合は排水ゲートを閉める方針に変更することを明らかにした。これまでは、多摩川の水位が上がっても市街地に降雨がある場合は、水の行き場がなくなるのでゲートを閉めないとしていた。

 浸水被害を検証する庁内の委員会で上下水道局が方針を示した。今後、都市環境工学の専門家や市民らの意見を聴いて4月に最終方針を発表する。

 同局が浸水シミュレーションのソフトを使い今回の台風を解析したところ、タワーマンションも被害に遭った中原区の浸水では、途中でゲートを閉めれば、浸水規模が小さくて済んだ。一方、市街地の降雨がもっと多かった場合や他4カ所の浸水場所は、ゲートを閉めても広範囲に浸水するという結果も出た。

 解析結果から開閉の基準をつくるのは難しいものの、「逆流で氾濫が起きた」という点を重視して「排水管内で逆流があったら閉める」という方向を示したという。

 新しいゲートの操作手順案では、付近で最も低いところにあるマンホールの地下1メートルまで多摩川の水が迫り、排水管内で川に向かう水の流れが確認できなくなった時点でゲートを閉めるとしている。

 排水管は地下にあり、水の流れが確認しにくいため、市は流速や流れの向き、水位を計測する機器を管内に設置するほか、ゲートの遠隔操作もできるように改造する方針。【市村一夫】

あわせて読みたい

注目の特集