メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜女子高3年・林真帆さん、米シカゴでNBAキャンプを体験 世界トップクラスのプレーに刺激 /岐阜

ウィズアウト・ボーダーズ・グローバル・キャンプを終え、取材に応じる岐阜女子高の林真帆さん=シカゴで、共同

 米プロバスケットボールNBAのオールスター戦が行われたシカゴで2月14~16日、NBAと国際連盟(FIBA)が世界的な競技の発展などを目的に「ウィズアウト・ボーダーズ・グローバル・キャンプ」を開き、日本から岐阜女子高3年(当時)の林真帆さんが参加した。34カ国・地域から16~18歳の男女計64選手が招かれた。

 過去に日本人では現NBAウィザーズの八村塁選手や、来年から全米大学体育協会(NCAA)1部のネブラスカ大へ進学予定の富永啓生選手(レンジャー短大)らが参加。将来有望な選手の中で3日間を過ごした林さんは「世界中の人たちと一緒にプレーすることで、多くのことを吸収できた。すごくいい経験になった」と明るい表情で語った。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです