メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ゼウスはじめオリンポスの神々が…

[PR]

 ゼウスはじめオリンポスの神々が、神には殺せない巨人族ギガスとの大戦に勝てたのは半神半人のヘラクレスが奮闘したからだ。今一つ、牧神パンがその大声でギガスたちを恐(きょう)慌(こう)状態に陥れたのも大きかった▲パンはヤギの角と脚をもった半獣神で、後の時代の悪魔の姿の原形とされる。「パニック」とは、このパンが出す恐ろしい声でもたらされる人間や家畜の群れの狂乱をいう。昔の人々は突然の家畜の暴走をパンのしわざと見たらしい▲金融市場にそのパニックをもたらした新型コロナウイルスの感染拡大である。ニューヨーク株は過去最大の下げ幅、下落率も1987年のブラックマンデー以来の暴落となった。日経平均も一時1万7000円を割る動揺ぶりである▲市場の人々を投げ売りに走らせたのは、トランプ米大統領の欧州からの入国禁止の一声(ひとこえ)だった。それに先立ち世界保健機関(WHO)から出たパンデミックの声ともあいまって、先行きの見えない恐怖が市場心理を逆上させたようだ▲経済恐慌と「声」といえば、大不況の時代のF・ルーズベルト大統領によるラジオの炉辺(ろへん)談話の故事がある。その初回、銀行閉鎖のパニックの中、国民に落ち着きを取り戻させたのは大統領の穏やかで自信にあふれた声だったという▲先人とうらはらに、新型コロナの不安におびえる市場に恐怖の呼び声を放ったトランプ氏だった。他者への敵意や排斥を支持者へのアピールに用いる政治手法も、事態を悪化させるだけのコロナ危機である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです