連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

ウイルスから守るべきもの=中央大教授・宮本太郎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大について「正しく恐れる」べきだというコメントを何度も聞いた。物理学者の寺田寅彦が浅間山噴火の際に「正当にこわがることはなかなかむつかしい」と書いたことから広がった言い方だ。自然災害でさえ難しいのだから、不可視のウイルス感染については正しく恐れるのは至難だ。

 自粛行動で中小企業やフリーランス、非正規雇用層などに大きな経済損失が起きているが、目にみえない被害にも警戒していく必要がある。感染不安から、人と人のつながりが損なわれ、時に排除が生まれかねない。私たちが恐れているのは、ウイルスが身体にもたらす脅威もさることながら、感染者という「レ…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集