メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme お寺のインスタ 「映える」写真、祈りにつなげる

 写真共有アプリ「インスタグラム(インスタ)」を使い、魅力発信に取り組む寺院が増えている。歴史ある大寺院でも若手僧侶らが中心となり、四季折々の風景や法要の様子といった「インスタ映え」する写真を発信。若い世代や外国人など幅広い層に仏教に関心を持ってもらおうと、新しいツールを駆使している。

 2014年にインスタを始め、多くの寺の「お手本」となっているのが、世界遺産・清水寺(京都市東山区)だ。プロカメラマンを含むチームで運営し、境内の新緑や、僧侶たちの祈りの表情などを美しく切り取って投稿する。

 京都を代表する風景で知られる寺院だけに、参拝者の多くは境内で写真撮影に夢中になる。「できることならスマートフォンなどを気にせず、少しでも宗教的な体験をしていただきたい。それならば公式の写真をこちらからお届けしようと思った」。主導した大西英玄(えいげん)執事補(41)は振り返る。通常では気づきにくい景色や、間近で見ることの難しい年中行事などに目を向けてもらう狙いもあった。「手を合わせる行為だけでは…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです