メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

「彫刻」vs.「工芸」=外舘和子

 美大は卒業・修了制作展講評の季節。多摩美のほか京都、沖縄など各地の大学で、工芸全体もしくは陶磁、ガラスなど、領域を特化して講評してきた。気になるのは、他の専攻、特に彫刻の会場で「工芸的でよくない」という批評が聞かれることだ。話者に特段の悪意があるわけではない。「表面的でちまちましている」「技巧的で内容がない」という代わりに「工芸的」という語を習慣的に使用しているのである。しかし工芸論や工芸史を教える筆者にとっては由々しき問題である。

 明治期の日本に登場した中国語由来の語「工芸」は、語源としては、絵を描くことを含め、広くわざ的なるものを指し、日本では当初物作り(手仕事)全般を指していたが、次第に機械仕事が「工業」に、絵画や彫刻が「美術」へと分化し、工芸は美術の格下に置かれていく傾向もあった。けれども20世紀以降、作者が素材を直接扱う表現として日本の工芸表現が世界から注目される中、今なお「工芸的」が否定的な意味で使われることは残…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです