メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

「彫刻」vs.「工芸」=外舘和子

 美大は卒業・修了制作展講評の季節。多摩美のほか京都、沖縄など各地の大学で、工芸全体もしくは陶磁、ガラスなど、領域を特化して講評してきた。気になるのは、他の専攻、特に彫刻の会場で「工芸的でよくない」という批評が聞かれることだ。話者に特段の悪意があるわけではない。「表面的でちまちましている」「技巧的で内容がない」という代わりに「工芸的」という語を習慣的に使用しているのである。しかし工芸論や工芸史を教える筆者にとっては由々しき問題である。

 明治期の日本に登場した中国語由来の語「工芸」は、語源としては、絵を描くことを含め、広くわざ的なるものを指し、日本では当初物作り(手仕事)全般を指していたが、次第に機械仕事が「工業」に、絵画や彫刻が「美術」へと分化し、工芸は美術の格下に置かれていく傾向もあった。けれども20世紀以降、作者が素材を直接扱う表現として日本の工芸表現が世界から注目される中、今なお「工芸的」が否定的な意味で使われることは残…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです