メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪延期なら首相「花道」論に影響? どうなる解散戦略 コロナ対応はや「予防線」

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスの影響で東京オリンピック・パラリンピックが延期または中止された場合、安倍晋三首相の解散戦略やさまざまな政治日程に影響を及ぼす可能性が取りざたされている。政府は13日の時点で「延期や中止は一切検討していない」(橋本聖子五輪担当相)としているが、開催できなければ今後の政権運営や「ポスト安倍」を巡る駆け引きにも影響を与えそうだ。

 首相にとって五輪は、自身がトップセールスを展開して招致した重要なイベントだ。東京都の試算では全国の経済効果は約32兆円に上り、経済活性化策の柱でもある。このため自民党内では、五輪の成功を「花道」として首相が退陣するとの見方や、景気浮揚効果がみられた場合、今年秋以降の早い時期の衆院解散を推す声もある。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです