メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芋づる式にイノベーションを アステラス製薬社長インタビュー

 アステラス製薬が外部との提携や企業買収を積極的に繰り返し、自社の技術と組み合わせてイノベーションを生み出そうと挑んでいる。開発競争の激しい製薬業界をいかに勝ち抜いていくかについて、安川健司社長に聞いた。【聞き手・三沢耕平、写真・内藤絵美】

 ――医薬品開発にはお金も時間もかかります。どんなスタンスで臨んでいますか?

 ◆病気になる原因や仕組み「バイオロジー」(生物学)が分かっていなければ新薬開発は失敗する。細胞治療や遺伝子治療が可能になった現在、最適な治療手段を考える「モダリティー」も重要だ。開発には長い歳月を要すため、2030年になっても治療できない「アンメット・メディカル・ニーズ」(未充足の医療需要)がある疾患でなければならない。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです