メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯、メンタルヘルス、学習、食事…休校中の注意点、専門家に聞いた

自宅で勉強する小学生=札幌市中央区で2020年3月8日、今井美津子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道内の小中高校で休校が続く。共働き家庭では小学生だけで留守番するなど、普段とは違う生活に子どもたちもストレスを抱えがち。親はどんなことに気をつければ良いのか。防犯、子どものメンタルヘルス、学習、食事などの専門家に注意点を聞いた。【今井美津子】

 NPO法人「日本こどもの安全教育総合研究所」の宮田美恵子代表は「最初の緊張感が緩み、生活がルーズになりがち」と懸念する。今回の休校は夏休みなどとは違い、目的があることを子どもと再確認した上で、「インターホンに出ない」「固定電話は留守番設定にし、親など決められた人しか出ない」などの約束事を作ることを提案する。

 ストレスのはけ口としてSNS(ネット交流サービス)で見ず知らずの人と接触することなどが懸念されるという。スマートフォンは親がいる時に使うように決めると安心だ。宮田さんは「子どもは自分で決めたことは守ろうとするため、約束事は親子で話し合って決めるのがポイント」と話す。約束事をリスト化して目に付く場所に貼っておくと、確認しやすいという。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです