メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風車の影響? テレビの電波障害多発、問い合わせ1700件超 秋田・潟上

海岸沿いの保安林に立ち並ぶ風車=秋田県潟上市天王で2020年2月19日、川口峻撮影

 風力発電で建設された風車の影響と思われるテレビの電波の受信障害が、秋田県潟上市で集中的に発生している。これまでに事業者には問い合わせが1700件以上寄せられ、障害の解消に向けた作業が急ピッチで進められたが、同種のトラブルは県内各地で開発計画が浮上している洋上風力発電でも発生しうるという。【川口峻】

 潟上市での受信障害が判明したのは、2019年夏。付近にある日本海沿いの県の保安林では、17年から風車の建設が進み、沿岸10キロ以上にわたり、風車が林立している。

 事業者は出戸浜海水浴場以北の17基が「A―WIND ENERGY」(秋田市)、同海水浴場以南の22基が「秋田潟上ウインドファーム合同会社」(潟上市)。テレビ電波については、建設前の環境影響評価の対象外だが、両社は自主的な調査も行い、事業化したとしている。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです