メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“ブラック職場”の現実、実名で語ります…現役教員に広がる動き

「先生も大変なんです」を出版した江澤隆輔さん=2020年2月20日、太田敦子撮影

 先生も大変なんです――。長時間労働が当たり前の「ブラック職場」と言われる学校現場の本音を、現役教員が実名で明かし始めた。組織のしがらみや世間の目がひときわ厳しい教育者の世界。何が教員たちを動かしたのだろうか。【太田敦子】

 福井県坂井市の市立小教諭、江澤隆輔さん(35)は3月、「先生も大変なんです――いまどきの学校と教師のホンネ」(岩波書店)を出版した。現場のリアルな実態を明かしながら、疑問点を明快に分析している。

 例えば、教員の始業時間は午前8時なのに、7時半に校門を開けているのは「レストランならスタッフが出勤する前に店が開いているようなもの」。英語、プログラミング、道徳など、学習指導要領が改定されるたびに新しい業務が増える一方で、畳む業務はない「ビルド・アンド・ビルド」。教育委員会の指導主事が参観する1コマの授業のために、教員が数十時間かけて指導案作りをするなど、関係者以外は知らない内幕も出てくる。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 東京オリンピック 無観客含む3案を政府検討 「日本は中止判断」英紙が報道

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです