メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西電気保安協会の新CM「ある日突然関西人になった男」が人気のワケ

関西電気保安協会の動画の一コマ。医師がこだまたいちさんふんする西尾学(左)に「ホテル」と書かれたボードを見せる。医師役は同協会守口営業所長の満嶌章浩さん=大広提供

 かんさい、でんきほーあんきょーかい♪ 関西在住経験者なら、自然とメロディーが口をついて出てくる向きも多いはず。関西ローカルCMの雄、関西電気保安協会(大阪市北区)が、3月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた新たなCMシリーズが話題だ。タイトルは「ある日突然関西人になってしまった男の物語」。何がウケているのか。【山中宏之】

 「急性の関西人やね」。若い男性、西尾学(西を学ぶ)は病院で突然こう告げられる。医師は診察に当たり、次々と文字が書かれたボードを見せる。まず「ホテル」。西尾は反射的に「にゅ~あ~わ~じ~♪」。次は「とんかつ とんかつ」「KYK♪」――。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです