メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺王将が勝ち3勝3敗 決着は最終局に持ち越し 第6局2日目

王将戦第6局を終え、感想戦で対局を振り返る渡辺明王将(手前右)と広瀬章人八段(同左)=佐賀県上峰町で2020年3月14日午後6時33分、森園道子撮影

 13日から佐賀県上峰町の大幸園で行われた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第6局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、上峰町共催、大阪王将特別協賛、囲碁・将棋チャンネル協賛)は14日午後6時17分、渡辺明王将(35)が挑戦者の広瀬章人八段(33)に108手で勝ち、3勝3敗のタイに持ち込んだ。残り時間は広瀬3分、渡辺38分。最終第7局は25、26日、新潟県佐渡市の佐渡グリーンホテルきらくで行われる。

 第4局まで先手番の勝利が続いた今シリーズ。第5局で後手番を制した広瀬が勢いに乗って第6局も1日目から有利に進めた。2日目に入っても2時間11分の大長考で4九金(73手目)と慎重に指し進めた後、決め手にも見える4一銀(81手目)で、控室でも「新王将誕生か」との声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです