特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

「ママで金」セーリング女子・吉田愛の強い味方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子470級世界選手権で総合2位に入り東京五輪の代表入りを決めて日の丸を掲げる吉田愛(左)、吉岡美帆組=神奈川・江の島沖で2019年8月9日、宮間俊樹撮影
女子470級世界選手権で総合2位に入り東京五輪の代表入りを決めて日の丸を掲げる吉田愛(左)、吉岡美帆組=神奈川・江の島沖で2019年8月9日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックへの強い思いを胸に、出産後3カ月で本格復帰した。2018年の世界選手権で、日本女子初の優勝を果たしたセーリング女子470級の吉田愛(39)。柔道で五輪2大会連続金メダルの谷亮子さんも果たせなかった「ママで金」を狙う。偉業達成に向け、吉田には強い味方がいる。【松本晃】

 19年8月9日、東京五輪の会場となる神奈川県江の島ヨットハーバー。笑顔で長男琉良(るい)ちゃん(2)を抱っこする吉田がいた。種目別の世界選手権で2位に入って東京五輪代表を決め、表情を緩ませる。夫でコーチを務めるセーリング男子470級の12年ロンドン五輪代表の雄悟さん(36)も温かく見守った。

 ポイントを積み重ねながら争うセーリングは、1週間で10レース近くある。吉田は「笑顔でいれば何とかなると琉良から学んだ。悪かったレースがあっても次に向けて気持ちを切り替えることができ、成績が出るようになった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1986文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集