特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Skill

スピードあふれる 空手形・清水希容の「チャタンヤラクーサンクー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プレミアリーグ東京の女子形で決勝進出を決めた清水希容=東京・日本武道館で2019年9月6日、宮間俊樹撮影
プレミアリーグ東京の女子形で決勝進出を決めた清水希容=東京・日本武道館で2019年9月6日、宮間俊樹撮影

 目にも止まらぬ速さで、連続して手技を繰り出す。世界空手連盟が認定する102種類の形で最高難度を誇るのが「チャタンヤラクーサンクー」だ。東京オリンピック形女子代表で世界選手権2度優勝の清水希容(26)=ミキハウス=は「私の得意形」と絶対の自信を持つ。その極意とは。【松本晃】

 見せ場は冒頭の突きと相手の攻撃を止める「受け」が連続する攻防だ。5秒の間に8度の突きと受けを演武する。体格で上回る海外勢の力強い形に、身長160センチの清水が速さとキレで対抗するのに適した形だ。

 清水の速さの秘密について、元世界女王の宇佐美里香さん(34)は「下半身と体幹の強さで体を同じ高さに保ち演武することで、無駄な動きがない」と解説する。上半身と下半身の動きを一致させ、躍動感も表現できる。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文860文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集