特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Skill

変幻自在 バスケットボール・吉田亜沙美の「ノールックパス」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
チームの司令塔であるポイントガードとして磨き上げたパス技術について語るバスケットボール女子日本代表候補の吉田亜沙美=千葉県柏市で2020年2月26日、佐々木順一撮影
チームの司令塔であるポイントガードとして磨き上げたパス技術について語るバスケットボール女子日本代表候補の吉田亜沙美=千葉県柏市で2020年2月26日、佐々木順一撮影

 得点への嗅覚、絶妙のタイミング、パスの受け手との信頼関係がかみ合った時、職人技が輝きを放つ。女子バスケットボール日本代表候補、吉田亜沙美(32)=JX―ENEOS=の代名詞ともいえる「ノールックパス」だ。視線の先はゴールリング、頭の中では瞬時にパスを出す相手を探す。その極意とは。【浅妻博之】

 シュートやドリブルと見せかけ、相手のディフェンスが自分に寄ってきた隙(すき)にパスを渡す。ノールックパスはダイナミックなプレーで観客の心をつかみ、流れを引き寄せる効果もある。吉田はこう解説する。

 「パスを狙いながらドリブルを仕掛けると視野が狭まるので、必ずゴールリングを見てシュートを狙う。ドリブルを仕掛けてもぎりぎりまで打たず、相手が来るタイミングを待ってパスを出す」。ディフェンスの動きを常に想像し、得点を狙いに来たと相手に思わせるのが成功の秘訣(ひけつ)だ。

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1180文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集