小櫃川の旧河川部埋め立て断念 県、洪水被害など懸念 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2019年10月、台風21号の大雨で氾濫した君津市の小櫃(おびつ)川で、県が洪水を抑止する遊水池の役割を果たした旧河川部を埋め立てる計画を進めていた問題で、県は13日、関係する流域住民に対し、計画を中止すると通知した。今後の大雨による洪水被害などを懸念し、断念したとみられる。

 県君津土木事務所によると、JR久留里駅(君津市久留里市場)の西側を流れる小櫃川の旧河川部(面積約1万3400平方メートル)を、国…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集