メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプマーク「見守って」 啓発大使、タレントの塚本明里さん 病気の特徴記入、困りごとそれぞれ /岐阜

自身のヘルプマークを見せる塚本明里さん=岐阜市日ノ出町1の事務所で

 手助けが必要なことが外見では分かりにくい難病患者や障害者であることを周囲に知らせる「ヘルプマーク」の普及に、タレントの塚本明里さん(30)=可児市=が取り組んでいる。昨年末に県で初の普及啓発大使に任命された塚本さん自身、脳脊髄(せきずい)液減少症や筋痛性脳脊髄炎、線維筋痛症という三つの難病を患っている。「マークは、広く知ってもらうことで、誰もが安心して外出できるお守りになる」と訴えている。【花岡洋二】

 東京都が2012年、赤地に十字とハートのマークを白く描いた、ストラップ付きカードを製作。県も17年に導入し、これまでに約4万個を配った。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです