メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

思い出は心に生きる 桑飼小、147年の歴史に幕 与謝野 /京都

 与謝野町明石の桑飼小で14日、閉校式が開かれた。4月から加悦小、与謝小と一つになり、新たに「加悦小学校」という名前で再出発する。

 1873(明治6)年に明石校という名前で開校され、1969(昭和44)年に現在の校舎ができた。卒業生は2500人を超え、地域とのつながりを大切にしながら文化と体育の拠点としての役割も果たしてきた。地域が主体となって…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです