メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒエ塚古墳前方部で基底石を新たに発見 全長129メートル未満の可能性 天理 /奈良

基底石が本来の位置で見つかったヒエ塚古墳の発掘現場=天理市萱生町で、藤原弘撮影

 天理市教委が2月に発掘成果を発表した前方後円墳「ヒエ塚古墳」(3世紀後半)の前方部で、石を留めるための基底石が新たに見つかった。「基底石」として発表したが実際には別の石だったとみられ、約129メートルとしていた古墳の全長が小さくなる可能性があるという。

 市教委は専門家の指摘を受け、葺(ふ)き石とさ…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです