メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ドイツのメルケル首相が新型コロナウイルス感染は…

[PR]

 ドイツのメルケル首相が新型コロナウイルス感染は「全人口の6~7割に広がる可能性がある」と発言して非難を浴びた。元物理学者らしい科学的な見方が、政治家のメッセージとしては不適切と反発された▲長崎大学熱帯医学研究所の山本太郎教授も同じ比率を言っている。治療法が見つからない限り、免疫を獲得した人が増えて集団免疫を形成するまで流行は続く。「日本の場合、人口の6~7割でしょう」(12日付毎日新聞ニュースサイト)▲現代文明こそが大流行の温床である以上、致死率を下げながら拡大の速度を緩やかにし、医療破綻を回避すべきだという。「感染症と共存した集団が生き残った」人類史の教訓は、同じ不安を抱くにも別の気構えを提供してくれる▲各国で非常事態宣言が相次ぐ。政治がなすべきことは多いが、最後は個々人の自覚に頼るしかないなら、必要なのは柔らかく長続きする社会への想像力だろう。「指導者は仁王立ちで立ち向かえ」といった掛け声は、どこかピント外れだ▲先週、休校中の校庭開放を始めた自治体では、市長宛てに保護者から「家にこもるのは限界」との訴えが集まっていた。先生たちが地域を見回ると、公園で子供が見知らぬ大人に「家にいなさい」としかられる光景も目についたという▲各地で学校再開の動きがある。再び休校することもあるだろう。であればこそ社会全体で粘り強く日常を保とうとする連帯意識が、政治の指導力以上に求められる。子供たちを笑顔で送り出したい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです