メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

池袋暴走 遺族男性の1年 「事故減らす」使命に 憎しみと闘い、動く

真菜さんと莉子ちゃんが亡くなった事故現場に立つ松永さん。今も献花に訪れる人が絶えない=東京都豊島区で2020年2月8日、小川昌宏撮影

 3人で暮らした東京都内のアパートに入ると、松永さん(33)の時間は止まる。リビングの壁に掛けたカレンダーは2019年4月のまま。長女の莉子(りこ)ちゃん(当時3歳)が遊んだおもちゃも、開けてしまったふすまの穴もあの日から変わっていない。その中で「ノンタン」の絵本だけが真新しい。娘が大好きで、よく読み聞かせた絵本は「天国に持って行ってもらおう」とひつぎに納めたので、同じ本を買って部屋に置いたからだ。妻の真菜さん(当時31歳)が料理する時に開け閉めしていた冷蔵庫の中身も整理できていない。静まりかえった空間で、松永さんは目をつぶり、本気でこう考える。

この記事は有料記事です。

残り4646文字(全文4922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです