メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

文芸春秋 文学とニュース組み合わせ

文芸春秋創刊号の表紙=文芸春秋提供

 1923年1月に創刊し、90年以上の歴史を誇る月刊誌。当時30代だった作家の菊池寛が創刊した。戯曲「父帰る」、小説「真珠夫人」などで既に人気作家としての地位を不動のものとしていた菊池は、創刊の辞に「気兼ねなく自分の言いたいことや考えていることを直接読者に伝えたい」との思いを記した。

 雑誌名は、菊池が評論随筆を集めて22年に発行した単行本「文芸春秋」から引用した。文学を表す「文芸」と、出来事やニュースという意味の「春秋」を組み合わせた言葉。小説だけでなく、身の回りの出来事や世…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです