メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普段通りに暮らす松田直美さん(仮名)。「何かあったら、その時に考えます」=東京都豊島区で

 がんが再発・転移すれば、治療は抗がん剤が主となる。治癒に至るのは難しく、耐性ができるため、やがて使える薬がなくなる。治療の限界を迎えた時、患者はどのような道を選べばいいのだろう。

 ●日常の中に幸せ

 子宮体がんを患う松田直美さん(62)=仮名=は2019年6月、がんの治療を卒業した。今は埼玉県内の自宅で日常生活を送り、3週間おきに緩和医療科にだけ通院する。

 がんと「闘う」わけではなく「共存する」という言葉もしっくりこない。穏やかに話し、笑う松田さんの姿に、悲壮感は感じられない。

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです