メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 焼くだけじゃない

香りが食欲をそそる「日田やきそば」。ランチタイムに単品を注文するとスープが付いてお得に=筆者撮影

 肉や野菜を炒め、途中で麺を加え、頃合いを見てソースをかけ、全体に行き渡るように混ぜながら炒めれば完成。焼きそばはフライパン一つでサッと調理できる、手軽な料理だと思っていた。両親が製麺所を営んでいたこともあり、我が家の冷蔵庫には常に中華麺がストックされていたので、ぼくにとってはいつでも食べられる身近な料理だったということもある。だから焼きそばを外食で、わざわざお金を払って食べるなんて、考えたこともなかった。そんなぼくの“焼きそば観”を変えたのが、大分県日田市で親しまれているご当地グルメ「日田やきそば」だ。

 昭和30年代に生まれた「日田やきそば」。今では日田市内に数多くの提供店があり、近隣の県へと広がるなど広く人気を博している。その最大の特徴は麺。一般的な焼きそばとは異なり、麺にしっかりと焼き目が付けてあり、麺そのものが香ばしい。そこにソースの香りが合わさり、強烈に食欲をかき立てる。具材はほぼ豚肉とモヤシ、ネギのみという潔さ。それなのにこうやって食べた人の記憶に強く残るのは、きっとこの焼きそばが多く…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです