特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『女であるだけで』=ソル・ケー・モオ著、吉田栄人・訳

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (国書刊行会・2640円)

 韓国フェミニズム文学は日本でも人気だが、中南米からもフェミニズム小説が届いた。著者はメキシコ生まれで、初のマヤ語先住民女性作家として脚光を浴びるソル・ケー・モオ。世界中の女が味わう普遍的な生きづらさに、先住民差別という問題意識も加重され、他の同類小説とは一線を画す。圧倒される一冊。

 誤って夫を殺してしまったマヤのツォツィル族の女オノリーナが、恩赦を受け、自由を得る道程を描く。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文490文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集