メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都の新たな感染者584人 過去最多更新 新型コロナ
世界経済・見て歩き

アイルランド・ダブリン EU離脱の英から大企業移転 ビル街、高成長象徴 住宅高騰、ホームレス問題化

 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を受けて、グローバル企業が拠点を置く場所として注目を集めている国の一つがアイルランドだ。英国が国民投票でEU離脱を決めた2016年6月以降、英国からアイルランドへの事務所移転など関連投資は約90件に上り、約5500人の雇用を創出した。人口492万人の小国にとって海外投資の呼び込みは経済成長の源泉。一方、現地では住宅不足が深刻化し、ホームレスの存在が社会問題化している。アイルランド経済の二面性を探ろうと首都ダブリンを歩いた。

 中心部を東西に流れるリフィー川は、アイルランド語で「生命」を意味する。両岸には同国経済をけん引する金融・保険大手、監査法人などが入居するオフィスビルが並ぶ。特に河口近くはフェイスブックやグーグルなど米IT大手が欧州本社を構え、「シリコンドック」と呼ばれる。周辺はビルの建設ラッシュ。大型クレーンが林立する街の風景は、海外投資を呼び込むアイルランドの現状を象徴しているようにみえた。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです