メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者の気持ち

夫の一句 埼玉県川越市・加茂礼子(主婦・72歳)

 桜の咲く頃になると、夫の詠んだ川柳の一句がリフレインする。夫は末期の腎臓がんで7年間の闘病の末、2017年の11月に76歳で逝った。

 闘病が始まった頃、私は今の治療が最善かどうか、また、夫に一日でも長く生きていてほしいという一心で、いくつかの大学病院を訪ね歩いた。がん専門病院の相談室を訪れた時、私の持参した医療機器で撮影された写真を見て、医師に「この状態で治療法うんぬんと言っている場合ではない。ホスピスを探すなりして残りの日々を安らかに過ごせる方法を考えなさい」と叱るように言われ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  2. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  3. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  4. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  5. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです