メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者の気持ち

夫の一句 埼玉県川越市・加茂礼子(主婦・72歳)

 桜の咲く頃になると、夫の詠んだ川柳の一句がリフレインする。夫は末期の腎臓がんで7年間の闘病の末、2017年の11月に76歳で逝った。

 闘病が始まった頃、私は今の治療が最善かどうか、また、夫に一日でも長く生きていてほしいという一心で、いくつかの大学病院を訪ね歩いた。がん専門病院の相談室を訪れた時、私の持参した医療機器で撮影された写真を見て、医師に「この状態で治療法うんぬんと言っている場合ではない。ホスピスを探すなりして残りの日々を安らかに過ごせる方法を考えなさい」と叱るように言われ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです