メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「無心」心がけた池田 男子20キロは東洋大生が3大会連続で五輪 競歩能美大会

男子20キロ競歩、競り合う池田向希(左)と高橋英輝=石川県能美市営コースで2020年3月15日、久保玲撮影

[PR]

 東京オリンピック代表最終選考会を兼ねた全日本競歩能美大会が15日、石川県能美市の市営コースで行われ、男子20キロは昨秋の世界選手権6位入賞で21歳の池田向希(東洋大)が1時間18分22秒で初優勝し、20キロの東京五輪代表に決まった。

世界王者に敗戦の反省生かす

 1カ月前に世界王者に敗れた反省を生かし、池田が初の五輪代表の切符をつかんだ。男子20キロ競歩では東洋大生が3大会連続で五輪代表に。「本当に良かった。世界を意識する大学で成長し、伝統を引き継げた」と誇らしげに語った。

 心身ともに無駄な力を使わず、「無心」を心がけた。先頭集団に淡々とついていき、16キロ手前の高橋のペースアップに自然に反応し、そのまま高橋の前に出る。残り4キロ、高橋を後ろに従え、持ち味の速いピッチの歩きでトップを守った。

 指導されるとすぐに行動を変える生真面目な性格で、コーチのレースプランに従って結果を残してきたが、2月の日本選手権では裏目に出た。昨年の世界選手権王者の山西の揺さぶりでプラン通りにレースを運べず、焦って力を出し切れなかった。今大会はあえて事前にレースプランを立てず、流れ次第で柔軟に動いたことが奏功した。

 同郷で大学の同級生の川野将虎が昨秋、男子50キロ競歩代表に決定。刺激を受けて練習量を増やし、盟友とともに代表になる約束を守った。しかし、今大会、山西は不在で「五輪までに山西さんとの力の差を埋め、金メダルが目標と言えるように準備する」。世界の舞台で勝負することを目指す東洋大の一員らしく、さらなる精進を誓った。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです