特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「無心」心がけた池田 男子20キロは東洋大生が3大会連続で五輪 競歩能美大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子20キロ競歩、競り合う池田向希(左)と高橋英輝=石川県能美市営コースで2020年3月15日、久保玲撮影
男子20キロ競歩、競り合う池田向希(左)と高橋英輝=石川県能美市営コースで2020年3月15日、久保玲撮影

 東京オリンピック代表最終選考会を兼ねた全日本競歩能美大会が15日、石川県能美市の市営コースで行われ、男子20キロは昨秋の世界選手権6位入賞で21歳の池田向希(東洋大)が1時間18分22秒で初優勝し、20キロの東京五輪代表に決まった。

世界王者に敗戦の反省生かす

 1カ月前に世界王者に敗れた反省を生かし、池田が初の五輪代表の切符をつかんだ。男子20キロ競歩では東洋大生が3大会連続で五輪代表に。「本当に良かった。世界を意識する大学で成長し、伝統を引き継げた」と誇らしげに語った。

 心身ともに無駄な力を使わず、「無心」を心がけた。先頭集団に淡々とついていき、16キロ手前の高橋のペースアップに自然に反応し、そのまま高橋の前に出る。残り4キロ、高橋を後ろに従え、持ち味の速いピッチの歩きでトップを守った。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文664文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集