特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「世界一のスピード」高橋英輝2位死守、2度目の五輪代表確実 競歩能美大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子20キロ競歩、競り合う池田向希(左)と高橋英輝=石川県能美市営コースで2020年3月15日、久保玲撮影
男子20キロ競歩、競り合う池田向希(左)と高橋英輝=石川県能美市営コースで2020年3月15日、久保玲撮影

 東京オリンピック代表最終選考会を兼ねた全日本競歩能美大会が15日、石川県能美市の市営コースで行われ、男子20キロは昨秋の世界選手権6位入賞で21歳の池田向希(東洋大)が1時間18分22秒で初優勝し、東京五輪代表に決まった。各種目最大3枠で、男子は山西利和(愛知製鋼)が世界選手権優勝で最初に代表に決定。残り1枠は、2月の日本選手権3位だった高橋英輝(富士通)が今大会で2位に入り、確実となった。

 2月の日本選手権は運営ミスもあって3位に終わった高橋が堅実なレース展開で2位を守り、代表の座を揺るぎないものにした。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文773文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集