メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9連敗、オープン戦最下位の巨人 原監督「好材料のほうが目立っている」

試合終了後、報道陣の質問に答える巨人・原監督=東京ドームで

○楽天7―3巨人●(15日・東京ドーム)

 開幕ローテーション候補の巨人・田口の表情が、思わず険しくなった。五回1死から3連打で満塁とされ、2者連続で2点適時二塁打を浴びた。一回も6球で先制点を許すなど、五回途中まで6失点。「もう少しメリハリのある投球をしないと」と反省を口にした。

 最終戦の打線は坂本、丸、岡本、パーラと主力がずらりと並んだ。それでも相手投手陣をとらえきれず、五回に重信、吉川尚に適時打が出たが、及ばなかった…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです