メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

学生ビジネスプランコンテスト アイデア22作品受賞 京都で表彰式

助成が決まった関西大の学生団体「KUMC」代表の三浦千尋さん(左)

[PR]

 学生のビジネスアイデアを競う「学生ビジネスプランコンテスト」(一般財団法人・学生サポートセンター主催)の表彰式が2月14日、京都市下京区であった。全国から151のアイデアが集まり、22作品が受賞した。同コンテストは17回目。

 優秀賞(賞金20万円)は奈良先端科学技術大学院大、電気通信大、北九州市立大の3グループが受賞した。

 奈良先端大は、AI(人工知能)を利用してカメラに映った入院患者の姿勢の変化などから、異変を察知するサービスを提案した。電通大は、目が見えない人でも点字が分かる人が1割ほどしかいないことに注目、圧力センサーを利用した翻訳装置を開発した。北九州市立大は、光触媒と紫外線LEDで排水溝の悪臭成分を分解する方法を確立した。

 学生サポートセンターは学生ボランティアへの助成もしており、助成対象56団体を選出。龍谷大や京都精華大、関西大などの学生団体に助成金各10万円が贈られた。

 防災の啓発や東日本大震災の被災地支援などをしている関西大の学生団体「KUMC」代表、三浦千尋さん(20)は「多くの方に防災について知ってもらい、東北を訪問して学んだことを伝えていきたい」と話した。

 この事業は、学生マンションの運営などを手がける学生情報センター(ナジック、京都市)が後援している。【山中宏之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです