メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

ある和解と「木のスタジアム」

ひとの住処(新潮新書)の書影

 パルテノン神殿やピラミッドを挙げるまでもなく、さまざまな芸術の中で建築は最も大がかりで人の目に触れやすく、時代を象徴する存在となる。少なくとも近代以降は、建築家が同時に先鋭な文明批評家でもあった理由である。

 新型コロナウイルスの感染拡大で東京オリンピックの行方が心配されるが、メイン会場の国立競技場は既に完成している。どのような意味でも2020年を語る際の中心に、やがてこの建築は位置するに違いない。したがって設計者の建築家、隈研吾氏が書いた『ひとの住処(すみか) 1964―2020』(新潮新書)は、後代の歴史家の必読文献となるだろう。それ以前に、抜群に面白い読み物なのだ。

 どう面白いか。副題が示すように、著者は1964年と今年の二つのオリンピックを「補助線」に、戦後日本の現代史を「都市と建築」の視点から描き出す。都市は世界を股にかける現代建築家のアリーナだし、文明論の要だ。もちろん隈氏はそうした自覚と意欲のもとに執筆している。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです