メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

花組トップ・柚香光 「はいからさんが通る」で宝塚大劇場お披露目公演 待望の再演、深まる魅力

花組新トップスターの柚香光さん=兵庫県宝塚市で2020年2月20日、梅田麻衣子撮影

 宝塚花組新トップコンビの本拠地お披露目公演にして、待望の再演だ。宝塚大劇場で20日から上演予定の「はいからさんが通る」で、陸軍少尉の伊集院忍を演じる。外部劇場で初主演を果たした2017年の話題作に、トップ娘役の華優希とともに新たな気持ちで臨む。「この2年半で2人のお芝居やセリフの重み、解釈が変わっている」と時の流れを意識しつつ、「ひたすら新鮮な気持ちで今回の公演をつくっていきたい」と語る。

 1975~77年、「週刊少女フレンド」で連載された大和(やまと)和紀(わき)の少女漫画が原作。大正時代の東京を舞台に、伊集院といいなずけの快活な女学生、花村紅緒(べにお)(華)の恋を描く。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです