特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大規模緩和「正常化まで」米FRB 事実上のゼロ金利と量的緩和を復活

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで、清水憲司撮影
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで、清水憲司撮影

 米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)の臨時会合を開き、政策金利を1・0%引き下げて年0・00~0・25%にすることを決めた。今後数カ月間で米国債などの金融資産を少なくとも7000億ドル(約74兆円)購入することも決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済への悪影響を抑え、金融システムの不安定化を避けるため、2008年の金融危機時に採用した事実上のゼロ金利と量的緩和政策を復活する。

 FRBは今月3日にも0・5%の緊急利下げを実施していた。17、18日に定例のFOMCを開く予定だったが、先行き不安を鎮めるために開催を前倒しして、追加の大規模緩和策を講じる必要があると判断した。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文846文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集