日銀が追加緩和決定 ETF買い入れ年12兆円に倍増 新型コロナ対応

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本銀行本店=松倉佑輔撮影
日本銀行本店=松倉佑輔撮影

 日銀は16日、前倒しで金融政策決定会合を開き、上場投資信託(ETF)買い入れの年間目標額を現行の6兆円から「当面12兆円」に拡大する追加の金融緩和を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の失速懸念が強まる中、株価暴落などで混乱する金融市場の安定化を図る。日銀の金融緩和はETFの買い入れ目標額を拡大した2016年7月以来約3年8カ月ぶり。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集