メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実効性はあるのか…米国株再び急落、市場不安拭えず 日米欧が一斉金融緩和

日経平均株価やニューヨーク株式市場のダウ平均終値などを示すボード=東京・八重洲で2020年3月16日午後

 新型コロナウイルスの感染が世界に広がったことを受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)が15日、再び緊急利下げに踏み切り、日銀も16日に追加の金融緩和を決定した。金融市場の混乱や景気後退懸念が広がる中、FRBはゼロ金利政策の導入と量的緩和の再開で危機封じ込めに強い決意を示し、日銀も追随した形だ。ただ、各中銀の政策余地は乏しく、16日の米国市場は再び株価急落に見舞われた。

この記事は有料記事です。

残り2809文字(全文2995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  4. 東山紀之さん、主演公演初日延期 テレ朝生放送も欠席 公演出演者らがコロナ感染

  5. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです