メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「友情は永遠」 友好都市、中国・広州市から福岡市にマスク30万枚届く

福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクの確保が困難となっている中、福岡市は16日、友好都市の中国・広州市から30万枚の医療用マスクが届けられたと発表した。重症化リスクが高い高齢者や障害者関連施設の職員、医療関係者などに配布する。

 福岡市によると、9日に広州市からマスク提供の連絡があり、14日に…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです