特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

バイデン、サンダース両氏「副大統領は女性に」 米民主テレビ討論会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米大統領選に向けた民主党の候補者テレビ討論会で、新型コロナウイルス感染予防のため握手の代わりに肘をぶつけてあいさつするバイデン前副大統領(左)とサンダース上院議員=ワシントンで2020年3月15日、AP
米大統領選に向けた民主党の候補者テレビ討論会で、新型コロナウイルス感染予防のため握手の代わりに肘をぶつけてあいさつするバイデン前副大統領(左)とサンダース上院議員=ワシントンで2020年3月15日、AP

 11月の米大統領選に向けた野党・民主党の第11回候補者テレビ討論会が15日、首都ワシントンで開かれた。党候補指名を争うジョー・バイデン前副大統領(77)とバーニー・サンダース上院議員(78)との間で初めて1対1形式で実施。新型コロナウイルスの感染拡大への対応が主要な争点になった。またバイデン氏は指名を受けた場合、副大統領候補に「女性を起用する」と明言した。

 討論会は当初、17日に予備選が投開票される西部アリゾナ州フェニックスの劇場で開催される予定だったが、感染予防の観点から首都ワシントンのCNNテレビのスタジオに会場を移し、聴衆を入れずに実施された。米疾病対策センター(CDC)の指針に従い、両候補の演壇は1・8メートル離れ、両氏は握手の代わりに肘をぶつけて討論を開始した。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文750文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集