メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試の英語「民間試験活用が現実的」 自民WTが提言

自民党本部=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 自民党は16日、文部科学部会のワーキングチーム(WT)の会合を開き、大学入試の英語試験に関する提言をまとめた。「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の評価手法は「各大学で判断すべきものだ」としつつ、当面は導入が延期された英語民間試験の活用が「現実的だ」とした。17日にも文科省に提出する。

 提言では、大学入試センターが4技能を評…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

  5. 政府、イージス艦導入へ詰めの協議 陸上配備の代替策 2隻建造に絞り込み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです