メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試の英語「民間試験活用が現実的」 自民WTが提言

自民党本部=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 自民党は16日、文部科学部会のワーキングチーム(WT)の会合を開き、大学入試の英語試験に関する提言をまとめた。「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の評価手法は「各大学で判断すべきものだ」としつつ、当面は導入が延期された英語民間試験の活用が「現実的だ」とした。17日にも文科省に提出する。

 提言では、大学入試センターが4技能を評…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  5. 新型コロナ 10万円再給付、国民が対策案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです