メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 加速する治療法開発 効く既存薬研究、迅速検査キットも

新型コロナの治療に使われた吸入ステロイド薬シクレソニド(商品名オルベスコ)=帝人ファーマのウェブサイトより

 新型コロナウイルスの感染症を巡り、治療法の開発が加速している。ウイルスの増殖を抑える効果が期待できる既存薬などを患者に投与し、有効性を調べる臨床研究を実施していて、4月末にも一部の結果が出る見込みだ。一方、感染拡大防止に向け迅速検査キットの開発も進んでいる。

厚労省関係者「承認、早くて5月」 ワクチンは1年以上先

 「希望の一つだ」。政府専門家会議のメンバーがこう言って期待するのが、吸入ステロイド薬シクレソニド(商品名オルベスコ)だ。神奈川県立足柄上病院などのチームが患者3人に使ったところ、投与開始から2日ほどで70代女性の熱が下がり、肺炎症状も改善。ウイルス検査で陰性が確認され、8日後には退院した。残る70代男性と60代女性も使用開始後に酸素投与が要らなくなった。現在も10人程度に使用中だ。

この記事は有料記事です。

残り1928文字(全文2278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです