メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県、3億~4億円補正案 県民生活に追加対策 /岐阜

第2次アクションプランの実行を指示する古田肇知事(中央)=岐阜県庁で

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は16日、第2次アクションプランをまとめた。臨時休校や事業縮小に伴い影響が及ぶ県民生活や県経済への支援を中心に3億~4億円程度の追加対策を見込む。18日の県議会定例会に、2019年度一般会計補正予算案を提出する。

 臨時休校により、介護施設の事業所内保育施設が追加で対応する学童保育に要する人件費を補助する。学校の非常勤職員にも授業準備や成績評価のため出勤してもらい、職員全体の働く場を確保。また、生活福祉資金の貸し…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  2. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  3. 4連休最終日 空の便は午後の予約率97% 高速道も朝から渋滞

  4. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです