メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 借地権 死後も確保するには

 Q 借地権 死後も確保するには

 借地権付き建物を自宅として所有しています。私の死後も娘にはずっと、借地権を手放してほしくありません。土地賃貸借契約を解除できない方法はありますか。(女性、70代)

 A 家族信託に法的拘束力

 不当な立ち退きを要求されたり、借地権を安価で買い取る提案をされたりと、地主との間に感情のもつれがあるようですね。あなたが亡き後も、土地賃貸借契約を永続的に更新するよう確約しておきたいのでしょう。借地権者となる娘さんを地主が退去させることは、借地借家法において重大な違反行為等がない限りできません。地代の滞納は重大な違反行為ですので気を付けましょう。

 娘さんが借地権を相続により取得した場合は、名義変更を地主に伝える義務はありません。土地賃貸借契約を改めて交わす必要もありません。借地上の自宅を忘れず相続登記して、娘さんが居住を続ける限り、土地賃貸借契約は更新されます。ただし、地主とのトラブルが煩わしくて、娘さんが借地権を手放すことも考えられます。どう処分するかは娘さん次第です。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです