メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 借地権 死後も確保するには

 Q 借地権 死後も確保するには

 借地権付き建物を自宅として所有しています。私の死後も娘にはずっと、借地権を手放してほしくありません。土地賃貸借契約を解除できない方法はありますか。(女性、70代)

 A 家族信託に法的拘束力

 不当な立ち退きを要求されたり、借地権を安価で買い取る提案をされたりと、地主との間に感情のもつれがあるようですね。あなたが亡き後も、土地賃貸借契約を永続的に更新するよう確約しておきたいのでしょう。借地権者となる娘さんを地主が退去させることは、借地借家法において重大な違反行為等がない限りできません。地代の滞納は重大な違反行為ですので気を付けましょう。

 娘さんが借地権を相続により取得した場合は、名義変更を地主に伝える義務はありません。土地賃貸借契約を改めて交わす必要もありません。借地上の自宅を忘れず相続登記して、娘さんが居住を続ける限り、土地賃貸借契約は更新されます。ただし、地主とのトラブルが煩わしくて、娘さんが借地権を手放すことも考えられます。どう処分するかは娘さん次第です。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです