メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

良い匂いが体調崩す「香害」

当時営業していたカフェで、化学物質過敏症への配慮を呼び掛ける紙を持つ庄司美穂さん=宮城県多賀城市で2019年11月

 人工的な香りを加えた化粧品や柔軟剤などが増えるのに伴い、香りに含まれる化学物質によって頭痛や吐き気、めまいなどの症状を起こす人が少なくない。日常生活が送れず、健康被害をもたらすケースがあることから公害をもじって「香害」と呼ばれる。まだ認知度は低く、症状を訴えても周囲から理解されず、独りで悩む人も多い。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです