メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

良い匂いが体調崩す「香害」

当時営業していたカフェで、化学物質過敏症への配慮を呼び掛ける紙を持つ庄司美穂さん=宮城県多賀城市で2019年11月

 人工的な香りを加えた化粧品や柔軟剤などが増えるのに伴い、香りに含まれる化学物質によって頭痛や吐き気、めまいなどの症状を起こす人が少なくない。日常生活が送れず、健康被害をもたらすケースがあることから公害をもじって「香害」と呼ばれる。まだ認知度は低く、症状を訴えても周囲から理解されず、独りで悩む人も多い。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです