メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 新型コロナ 感染予防工夫し運動を=友添秀則

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多くのイベントが中止や延期になり、子供たちも休校で家に閉じこもりがちです。体を動かす機会が減り、心身の健康に影響を及ぼすケースを多く耳にします。活動を自粛するだけでなく、感染防止の工夫をした上で、スポーツを積極的に行うべきだと考えています。

 小学生高学年の子供がいる共働きの女性から聞いた話です。子供は休校で外出もしにくい雰囲気のため、一日中、家で一人ゴロゴロとゲームをしています。深夜まで起きて起床時間も遅くなり、なかなか顔を合わせられません。たまに話しても、イライラして怒りっぽくなっているそうです。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  5. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです