メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

釧路市の輝き=平山公崇

 釧路市は、水産、石炭、紙パルプが繁栄をもたらし、さらに地理的な条件や港の機能もあって道東の代表的都市となった。しかし今、それらの産業は元気を失い、人口減少が進んでいる。この街に住み始めた25年前もすでに往時の勢いはなく、取材の後の雑談でも漁業者が豪快にお金を使ったという思い出話ばかり聞かされた。

 2年前、長らく君臨した道内人口4位の座を明け渡し、6位の帯広市も追い上げてきた。しかし市…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです